無料ブログはココログ

« リアルサイン会★コミコミスタジオさん(広島)レポ第一弾 | トップページ | 水竜王を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ3 »

リアルサイン会★コミコミスタジオさん(広島)レポ第二弾

H011

2016年6月5日、広島のコミコミスタジオさんで行われた【ブライト・プリズン 学園の薔薇は蜜に濡れる(講談社X文庫ホワイトハートBL)】の発売記念サイン会レポ、第二弾(完結編)をお送りします。

前回のサイン会も梅雨時で雨に見舞われましたが、今回も生憎の雨でした。
お足元が滑りやすい中お越しいただいた皆様、ありがとうございます。

印象としては広島の方が多くいらっしゃいましたが、京都や愛知、東京、神奈川、千葉の方も多く、「遠いけど思い切って来ました!」と言っていただくたびに目が潤みそうになりました。広島の方からの、「また来てくださいね!」という御言葉も、とても嬉しかったです。




それでは早速、サイン会当日レポ&アフターレポを書いてみます。

開場の一時間ほど前、無事にコミコミスタジオさん入り。
噂の耽美社長と初めてお会いして、控室でカフェ『カメリアノワール』のコラボメニューを出していただきました。
この時初めて飲んだローズミントソーダは、帰宅後に恋しくなるほど美味しかったです。

H018_2

イベントの流れを説明していただき、いよいよ会場へ。
途中でBook Labyrinthのカフェ『カメリアノワール』の前を通り、巨大ポスターにサインを入れることになりました。

↑↑右上の写真の薔の胸元にサインが入っているんですが、まったくわかりませんね。
銀色のペンを選んでしまった自分を殴りたいです。
この反省があったからこそ、あとでクリアファイルにサインする際に蛍光ピンクのペンを選べたので、反省が生かされたとも言えますが……。

H_006

そしてサイン会の会場へ。
花台には当日着の御花が加わり、さらに華やかになっていました。
予想以上にたくさんあってビックリです!!

H_012

前夜にあったはずの彩先生の御花が無くなっている……と思ったら、サインをするためのテーブルに移っていました↓↓

H_013_2

↑↑花台の横には、講談社様からの真紅の薔薇が!!
『ブライト・プリズン 学園を追われた徒花』で、榊が入院中の常盤に贈った薔薇を思い出しました。う、美しい……!!

H_014_2

左上から時計回りに、徳間書店Chara文庫様、リブレ編集部様、心交社ショコラ編集部様、CROSS NOVELS編集部様よりいただきました。お気遣いありがとうございます!!

H_015_2

左上から時計回りに、サガミワカ先生&先輩、友人K様、読者様、読者様、読者様より頂戴しました。
時間の都合で個々に写真に収められなかった御花もありましたが、個人の方からいただいた御花はすべて自宅に飾らせていただきました。本当にありがとうございました!!

H019_3

さてさて、美しい御花の前を通って拍手を受けながらの入場です。緊張します!!
整然と並んだ参加者様に、「御機嫌よう」と王鱗学園流の御言葉を掛けていただきました!!

2016060501_2

いよいよサイン会の始まりです。緊張して、最初は手が滑らかに動かず……。
それでも一部の一番の方がTwitterでよく御声を掛けてくださる方だったので、ちょっと緊張が解れました。

↑↑もはや『衣装』と言うべき薔薇色のドレスシャツは、【ブライト・プリズン 学園の薔薇は蜜に濡れる】に合わせて生地を選び、仕立ててもらった物です。前回のサイン会での服装やネイルはおとなし過ぎて「個性がない」と身内から突っ込まれたので、今回は好みに走ってみました。

H017

ネイルは赤い薔薇のデザインです。
参加者様も、凝った3Dの薔薇のネイルやカメリアノワールのネイル、各巻の表紙イラストに合わせたネイルなどをしてくださっていて、凄く嬉しかったです^^

H_010

参加者様から見せていただいた御写真や、ネイルや当日の浴衣の帯、小物などを撮らせていただきました。
写真が手元にありませんが、薔薇のネイルの方がもっといらして、皆様とても素敵でした!!

20160501

休憩を挟み、控室で「チョコシフォンのフルーツサンド」をモリモリ食べて二部が開始。
一部も二部も御一人あたり三分くらいでしょうか。
絶え間なく、ずっとお喋りしていた気がします。

手を握りながら「常盤が好きです」「皆を幸せにしてください」「ずっと書き続けてください」と言っていただけて、書き手冥利に尽きる幸せな時間でした。

↑↑写真は、耽美社長の隣に立ってプチイベントの抽選くじを引いたあとです。
この時はまだ余裕がありました。

最後の一言スピーチの練習もしてあったし、「まあ大丈夫かな……なんとかなるだろう」と思っていたんです、サプライズのプレゼントが出てくるまでは……!!

H013

抽選でクリアファイルが当たった方に目の前でサインをして、また握手をして、「さあ、あとは一言スピーチを残すのみ!!」というところで花束贈呈。もちろん嬉しかったですが、まだ正気でいられました。

一気に心揺さぶられたのはコチラ……この『私立王鱗学園 竜生童子手帳』二冊を手渡された時です。

招待状と一緒に参加者様に送られていたカードが収められた物で、私はまったく聞いていませんでした。
受け取る直前にスタッフさんが中身をパラパラと見せてくださり、そこにはギッシリと書き込まれた愛の御言葉が……!!

結局これで感極まってしまい、目は潤むし涙声になるしで、用意してきたスピーチは完全に吹っ飛びました。
実に情けなくたどたどしい御挨拶しかできなかったのですが、凄く嬉しかった&幸せだったという気持ちは伝わっているといいなと思います(思い出しただけで涙が出てきます)。

これは現実なんだろうか……と真剣に考えてしまうくらい夢見心地のまま、慌ただしく広島駅へ。

これにて、夢のサイン会は終了したのでした。

H014

帰宅後に拝見した『私立王鱗学園 竜生童子手帳』、開くとまずこういうページがあります。
凄いクオリティーです。もうドキドキが止まりません。

H015

それぞれの冊子から、見開きでギッシリのページを掲載させていただきました。
あまりにも素晴らしく、嬉しい御宝で、家族に「必ず棺桶に入れて欲しい」と頼み込んでおきました。元気の源、生きる活力です。一生大切に致します!!

このカードの一番最後に「あなたがカップルになって欲しいキャラは誰と誰?」という項目があるんですが、「薔×常盤」とか「楓雅×榊」とか、ぶっ飛んだ御意見もあって凄く面白かったです^^

H012

差し入れや御手紙もたくさんいただきまして、ありがとうございました。
薔薇関係のグッズがとても多かったので、一部を集めて写真を撮ってみました。
中央にあるのは、薔薇の化粧刷毛と椿の洗顔刷毛だそうです。
どれもこれも可愛い物や素敵な物ばかりで、使ってしまう(食べてしまう)のが勿体ないです^^

H016

作品別のコメントが入っているアルバムもいただきました。
愛煉の檻や、童話シリーズや暴君竜もありました。凄いです!!

2

コチラは最新刊のイラストそっくりの林檎。
す、凄い……あまりに見事で言葉になりません!!

ここに掲載できなかった物も多くありますが、どれも心が籠っていて本当にありがたく思っています。たくさんのお気遣いをありがとうございました!!

H011_2

最後に、サイン会の御土産として発行した同人誌とクリアファイルの写真です。

収録作は『Angel's smile』『Silent Merry Christmas』『贅沢な時間』『ブライト・プリンス』の4編で、『Silent Merry Christmas』はブログからの再録。他3編は書き下ろしになります。

表紙イラストとクリアファイルのデザインを担当してくださった彩先生、同人誌【ブライト・プリンス】のデザインを担当してくださった喃喃さん(@talkativenannan)、御協力ありがとうございました。

『Angel's smile』『Silent Merry Christmas』『贅沢な時間』の3編は、【ブライト・プリズン 学園の薔薇は蜜に濡れる 電子書籍特典付き】に再録されていますので、御興味のある方は電子版をよろしくお願い致します(SS『ブライト・プリンス』と表紙イラストに関しましては、また別の機会に再録などを考えております)。


以上、サイン会当日レポ&アフターレポでした。

夢のような時間と空間を用意してくださったコミコミスタジオ様、講談社様、参加者の皆様、そしてこれまで応援してくださった読者様と、彩先生を始めとするすべての関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました!!

« リアルサイン会★コミコミスタジオさん(広島)レポ第一弾 | トップページ | 水竜王を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ3 »

お知らせ・ご挨拶」カテゴリの記事