無料ブログはココログ

« リアルサイン会★コミコミスタジオ様(町田)レポ第一弾 | トップページ | 卵生竜を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ5 »

リアルサイン会★コミコミスタジオ様(町田)レポ第二弾

031

2017年4月9日、東京町田のコミコミスタジオ様で行われた【ブライト・プリズン 学園に忍び寄る影(講談社X文庫ホワイトハートBL)】の発売記念サイン会レポ、第二弾(完結編)をお送りします。

梅雨時に開催された一回目のサイン会も二回目のサイン会も雨に見舞われましたが、今回は桜満開の季節でありながらも雨でした。。。

お足元が滑りやすい中お越しいただいた皆様、ありがとうございます。

初めましての方が殆どでしたが、積極的に話しかけてくださる方が多かったように思います。遠くから来てくださった方も近くにお住まいの方も、皆様とても温かく迎えてくださいました。



それでは早速、サイン会当日レポを書いてみます。

開場の一時間ほど前に、コミコミスタジオ町田店様に到着。
控室には、こんなに素敵なタピストリーがドドーンと……!!!


000

常盤と薔が右にも後ろにも居る状況で、緊張しながらサインの練習を始めます。
Twitterも少し更新して、実況中継的なこともしていました。

デビュー10周年のタイミングで開催していただける、本当に光栄なサイン会です。
とにかく悔いのないように……一回目と二回目で反省したことを思い返して、精いっぱい頑張ろうと自分に言い聞かせたりもしていました。


012

会場はこのような感じで、雰囲気があってとても素敵です。

昨夜までは広々していたカフェスペースを区切っている状態ですが、別の場所のように変わっていたのでビックリしました。


024

↑左下の写真のカーテンの向こうが会場です。

拍手をいただきながら、ドキドキの入場。やっぱり緊張しました。


013_2

サインをするデスクの上には、彩先生からいただいた御花が飾られていました。
とても鮮やかで個性的な、彩先生らしい御花でした。


009

右手には、講談社様からの薔薇が飾られていました。
こちらも凄く大きくて存在感があり、とても華やかでした。


008

笠井あゆみ先生からも御花をいただきました。
ビックリするほど大きな御花で、拝見した時は感激で手が震えました。

左は、御名前が隠れてしまうほどボリュームのある、背の高い御花です。
サガミワカ先生と先輩からいただきました。

中央は読者様からいただきました。

右下はリブレ編集部様からです。優しい色合いの薔薇が綺麗でした。


010

左は徳間書店キャラ編集部様からいただきました。
赤い実が可愛らしく、ピンクが多くて華やかでした。

右は竹書房ラヴァーズ文庫様からいただきました。
丸みのあるシックな色合いの薔薇、大好きです。

右下は読者様からいただきました。


007

こちらはすべて読者様からいただきました。

一つ一つコメントさせていただきたいところなのですが、読者様からの御花に関しましては贈り主様に直接お伝え致しましたので、この場では御写真のみの掲載とさせていただきます。


美しい御花を贈ってくださった皆様、ありがとうございました!!!


015

そしてサイン会本番。第一部から第三部まで問題なくスムーズに進行……しましたが、講談社様に撮っていただいた写真を拝見すると、「握手会?」と思うほど、手を握っている写真が多かったです。

一回目の池袋と二回目の広島の時は、求められた場合のみ握手する……という感じでしたが、今回はなるべく私から握手を求めてみました。

「(ネイルしてないと)BLの受けのような手」と評される男っぽい大きな手で、参加者様の手をグワッと包み込みます。

左上の写真とか、よほど嬉しいことを言ってもらえたのでしょう。
前のめりで行ってます。「もう放さない!!」みたいな勢いです。
皆様と触れ合うことができて、本当に幸せな時間でした^^


014

サイン会が終わったあとは、プチイベントです。
最後まで残っていてくださった方、本当にありがとうございます。
ここでもまた握手してます。抽選に当たった方、全員と……!!

今回は、抽選用に20名様分の景品を提供させていただきました。

その場のノリで、金賞2本と銀賞2本の内容は私がブログで公開する……という流れになったので、手持ちの愛用品で写真を撮ってみました。


019_2

共通しているのは、2014年発行のコミコミスタジオ様WEBサイン会御礼SS『報復の苦み』と、2016年発行のコミコミスタジオ様リアルサイン会(広島)御土産同人誌『ブライト・プリンス』のサイン本と、クリアファイルです。

金賞には、辻利の抹茶リップクリーム(竹の容器に椿の刻印)が入っています。

銀賞には、今回のサイン会で使用したのと同じペン(紅椿カラー)が入っています。
広島のサイン会で、このペンに出会わせてくれた読者様に感謝です!!


020

イベントの終わりには、前回と同じ『竜生童子手帳』を2冊いただきました。
この写真は帰宅後に撮影したものですが、この通り4冊になりました。

今回もミッチリ書いてくださった方がたくさんいらして、本当に嬉しかったです!!


031

そしてさらに、『カメリアノワール』のメニューブックと、最新刊で登場した贔屓生カフェのプレミアムタイムの招待状など、作品とリンクしたアイテムが続々と……!!

この時点で「先生から一言お願いします」と言われていて、マイクが目の前にありましたが、喋れるわけがありませんでした。。。


030

メニューブックの中身は、このようになっています。

おお、この内容……知ってる!!
薔がオーダーを取ったり、常盤が注文したりしたものが、ここに……!!


022

さらに、サイン会3日前の4/6が誕生日だったということで……ケーキまで登場!!

苺のショートケーキが一番好きなんですよ、大好きなんです。
バースデーソングを皆様に歌っていただき、10周年の10の蝋燭の火を吹き消しました。

サプライズに続くサプライズ、終わらないサプライズ。本当に夢のような時間です。


023

マイクを持って歌っているわけじゃありません。
半分くらい涙声で喋ってます。ああ……今回もまた泣いてしまいました。。。


029

こうしてサイン会が無事に終わりました。

控室に戻るなり、うるうるしている私に担当さんが「ケーキ食べられますか?」と大きなスプーンを渡してくれて……コミコミスタッフ様からも「ホールごと是非バクッと行っちゃってください」と言っていただけたので、子供の頃の夢が叶いました。バクバクいただきました。

8割は自力で食べて、ギブアップしたあとの2割は担当さんに手伝ってもらいましたが、嬉し泣きしつつ食べるショートケーキは最高でした。


コミコミスタジオ様、本当にありがとうございました!!


028_2

4冊になった『竜生童子手帳』は、私の宝物です。
元気を出したい時に開いてきた2冊が倍に増えて、喜びも倍増しました。

また、サイン会でプレゼントや御手紙をくださった皆様、どれも素敵なものばかりで恐縮しています。身に余る幸せをありがとうございました!!!

この感動を胸に刻みながら、今後はより丁寧な仕事ができるよう、執筆活動に専念したいと思います。


これからも、引き続きよろしくお願い致します!!!


10th

最後に、サイン会の御土産として発行した同人誌の口絵イラストです。

収録作は、『BRIGHT PRISON U.F.O.(ユーエフオー)』『FLOWERS 2016(クリスマス企画クロスオーバーSS)』『FLOWERS 2016Ⅱ』で、書き下ろし2編、再録1編でした。

しばらくしましたら、再録や公開などをさせていただく予定です。

表紙イラストと表紙のデザインを担当してくださった彩先生、デザインの再使用を許可してくださった喃喃さん(@talkativenannan)、御協力ありがとうございました。


以上、サイン会レポでした。

現実に戻れなくなるほど素晴らしい時間と空間を用意してくださったコミコミスタジオ様、講談社様、参加者の皆様と、これまで応援してくださった読者様、そして彩先生を始めとするすべての関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。


このたびは本当にありがとうございました!!

« リアルサイン会★コミコミスタジオ様(町田)レポ第一弾 | トップページ | 卵生竜を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ5 »

お知らせ・ご挨拶」カテゴリの記事